歴史

歴史

クロックス 歴史

クロックス社はアメリカでリンドン・デューク・ハンソン、スコット・シーマンズ、ジョージ・ボーデッカーの3名によって2002年7月に創設されました。

クロックス社は、カナダ・ケベック州のフォームクリエーション社が開発製造した軽いプラスチックの靴を販売するために、コロラド州・ボルダーを本拠地として設立されました。

滑りにくい事や足跡のつきにくい特徴からもともとは舟遊び・アウトドアの靴として考えられていて、クロックスの最初のモデル「ザ・クロックス・ビーチ」は、2002年10月にフロリダ州・フォートローダーデールのボートショウで発表され、当時製作された200足が完売しました。

口コミで履き心地の良さが評判となった事や明るい色、軽さ(約170g)、今までにないユニークなデザインなどのおかげで小規模な販売活動にもかかわらずクロックスはアメリカや他の国でも人気商品となりました。

クロスライト

2004年6月、クロックス社はフォームクリエーションおよび製造事業を買収し、エチレン酢酸ビニルで作られた「クロスライト」という専売特許を持つ発泡樹脂の占有権を獲得しました。
クロスライトは履く人の足に合わせ変形し多数の足病治療医のコメントによると医学的に良いとされ、クロックス・ジャパンは人間工学でも証明されています。

プリウス パーツ

クロックス クロスライト