エルゴノミクス(人間工学)

エルゴノミクス(人間工学)

クロックスはエルゴノミクス(人間工学)の観点から、快適性と機能性が立証されています。

素足に比べ、足にかかる負担を62.6%軽減(直立時)。長時間着用時の、疲労を抑える効果が期待できます。



クロックス エルゴノミクス(人間工学)

足圧

快適性に影響する変数の1つ「足圧」が、バランスよく分散されています。
クロックスは、身体的に最も快適な靴と比較して、歩行中、足裏にかかる総接触力の平均値がかなり低いことが分かります。
クロックスでは、平均して約5%低くなっています。
これは、クロックスの快適性が、所有するもっとも快適な靴よりも、潜在的に優れていることを示しています。
クロックスは、非常に軽量でありながら構造的なサポート力をもっています。
クロックスを履いて歩くときに必要な筋力は、素足で歩くときに必要な筋力よりも小さくて済みます。
直立時には大きな差があり、素足の直立時に比べ全体的な筋力は62.6%も減少しました。


クロックス 足圧